フェイシャルエステで使う超音波の効果とは?

フェイシャルエステの施術を受ける魅力はやはり、自宅ではできないスペシャルなケアをしてもらえることでしょう。

 

スペシャルなケアの中にはエステティシャンのゴッドハンドから繰り出されるマッサージのテクニックの他に、エステにしかない専用のマシーンによる施術があります。
これらのマシーンはとても高額なため、自宅用に購入することは難しいでしょう。

 

エステでよく使われるのが超音波による施術です。
超音波は1秒に100万回から300万回もの振動を肌に与える事ができるんです。
この振動により肌に与えた美容成分が肌深くへと浸透していきます。

 

昔からスキンケアにはパッティングという手法がありますがパッティングとは化粧水や美容液を含ませた自分の手の平やコットンを使い、肌を軽くペチぺチと叩くことです。
これは化粧水や美容液を肌へ浸透させるために行うことです。
肌の深くへ有効成分を届けるにはこのように肌を打ち刺激することが必要なんですね。

 

このことから考えると自分の手で行うパッティングと1秒に100万回から300万回肌を振動させる超音波とではその効果が格段に違うことが簡単に想像できるでしょう。
どんなに高い化粧品を買おうと、自宅でやるケアには限界があります。
さらに美肌に効果的と言われる成分は分子が大きいため、単純につけたからといってしっかり内部まで届くという保証はありません。

 

超音波を利用したフェイシャルエステでたった一回の施術でも効果がでやすいのはこういった理由があるんですね。