フェイシャルエステのピーリングとはどんなもの?

フェイシャルエステで行うピーリングとは肌の角質のケアのことです。

 

肌表面は常に角質で満たされていますが、この角質が厚くなってしまうことによって美肌を妨げてしまうことがあります。
肌は毎日ターンオーバーを繰り返していて、古くなった角質は洗顔で自然に剥がれていくのが普通。
この古い角質とは垢のことです。

 

肌の代謝が衰えたり、スキンケア不足だったりすることでこの古い角質が上手く剥がれ落ちずに積み重なってしまうことがあります。
この状態を角質肥厚と言いますが、こうなると肌にはさまざまなトラブルが起きやすくなります。

 

例えば肌色のくすみであったり、触った時の感触がごわごわしてくるといった症状です。
ピーリングとはこの角質肥厚にとても効果的で、たまった角質を一掃するケアのことです。

 

ピーリングを行った肌はくすみがとれ明るくなります。
触り心地もすべすべになり、メイクのノリも大変よくなります。
最近肌に触れた時の感触が以前と違うように感じる、という人や肌色が濃くなったという人はこのピーリングのケアをすることで悩みが解決するかもしれません。

 

また、ピーリングは自宅で自分でできるものも販売されていますが、きちんとした効果を感じたければエステサロンで施術を受けることをお勧めします。
ピーリングは過剰にしすぎると肌を傷めてしまうおそれがあります。
アイテム選びが分からない人はエステに行き、エステティシャンのプロの手に任せるのがベストでしょう。